言い伝え!
ばあちゃんから聞いた話。

かなり昔、ばあちゃんから
「なんでもかんでも安い物を纏ったり、安もんばっか買うんじゃないぞ!」
って言われた先人からの教えを思い出した。

思い出した訳は
先日、焼肉店でユッケを食べた子供が2人亡くなったという不幸なニュースと
戦後最大の国難、東日本大震災で 石原都知事が言った「天罰が当たった!」という言葉が相まって

先人からの「言い伝え」や「ことわざ」の「基」となる基本的思想が
今の生活事情や経済・商法、さらに国会運営・議論までもが表面の事だけを解決するといった
わけ解らん世の流れになっている・・・・。

よくよく考えると、100円の焼肉って・・・?
500円の服って・・・?

従業員も雇い、家賃も払い安さを売りに客を寄せる。
そんな商品はまともであるはずがない!
事が起こってから気付く・・・(悲)

景気が良いときは物も当然良いが、
詰まってくると悪い方悪い方へと流れがおきる。

時代背景のせいじゃない。
一度贅沢を覚えると、言われた事や生活を見直せない弱さがある。

今の時代一番あてはまることわざ 
『安物買いの銭失い』
これほど見事にあてはまるとは!

安物の贅沢と 良い物の節約。

何事にも『線引き』が肝心要!

品物についても『質』の違いを伝えようとすれば
「解っているけど」と言われ、うるさがられる扱いにされる・・・(辛)

『正直者は馬鹿を見る』

・・・・

景気は悪いが、使い捨てで生活ができるこの時代、徳はどこにあるのかな?

裕・贅沢。
言い伝えや、先人からの教えを根底にあれば
ずるい行いや、だまし商法には引っかからないと思う。

得な人生を送るか、末代まで続く人生を送るか!
『先』 の着地点をどこに置くかで今の人生が良いものになると思う!

目先じゃないはず!

目先にある物は、後に続かない今だけの欲。

そこに手を伸ばすと、我慢が出来なくなる!
我慢が出来なくなると、身の回りに嫌なことをしても気付かなくなる。

けど、自分では気付くことが出来ない・・・・(悲)

詰まりは、不幸によって反省する始末。





やっぱ、神様は平等に見ている。
[PR]
by sake_tomita | 2011-05-02 20:20 | 語ってい〜け! | Trackback
トラックバックURL : http://tomisun.exblog.jp/tb/12509716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 連休後半! お土産! >>