千本桜!

宮崎県・都城 柳田酒造

復活! 千本桜    芋焼酎
入荷しました~!!!
a0156636_19272874.jpg
1800ml 2,407円      720ml 1,204円  (各、本体価格)


>柳田酒造より<
当蔵は、創業の明治35年より昭和53年まで、芋焼酎「千本桜」を主力の商品として蔵を営んでおりました。
ところが、昭和50年代に入り、酒の流通が大きく変わってまいりました。都城にもディスカウント店が進出し、その結果、またたく間に価格競争の時代に突入しました。小さい蔵にはとても厳しい時代でした。
40歳であった父は、蔵ののれんを守るため、当時、価格競争のなかった麦焼酎に蔵の存続を賭けました。
先代、先々代から受け継いだ「千本桜」を諦めなければならなかったことは、
断腸の思いであったろうと思います。
時は流れて35年。私も杜氏の父と同じ歳を迎え、父に代わり再起をはかるべく柳田の芋焼酎への挑戦を決断致しました。現在闘病中の父ですが、仕込み期間中は陣頭指揮を執り、親子で「千本桜」を復活することができました。

「千本桜」の名前は、都城の地頭として赴任した三島通庸が植栽し、「日本の桜の名所百選」に選ばれた母智丘(もちお)公園の桜並木にちなんでおります。
 当時の造りをできる限り再現しまして、どこかなつかしい甘さを感じる、呑み疲れしない、優しい口当たりの旨い芋焼酎に仕上がりました。 柳田の永年の想いが詰まった、渾身の芋焼酎をご堪能ください。


いいでしょ^^
必然の縁で知り合った柳田くん。
その前向きで正直な拘りが 私は好きです^^

儲け先行の商いより、浪漫先行の商いのほうが私は好きです!^^

柳田酒造の麦焼酎も絶品揃い!
a0156636_19314935.jpg
流行、時流にならない売り方が肝心!
辛いけど、楽しんでくれるファンのために^^
ハートが熱くなきゃ 伝える商いは絶対にできないと私は思う。

とみた酒店は 売れる商いじゃなく 伝える商いなんです^^
蔵元メーカーさんと一緒にじっくり伝え、歩むんです!(楽)
だからウチには「希少」の商品はないのです!
浪漫ですョ。イチ酒屋の浪漫なんです!^^

そこんとこヨロシクぅ~!^^
[PR]
by sake_tomita | 2014-04-04 09:00 | 旬のお酒 | Trackback
トラックバックURL : http://tomisun.exblog.jp/tb/19639458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 製作! タンデム^^ >>