依頼^^
前々から、
日本酒やワインの教室開催してー!  って ありがたい意見が問いかけられます^^
a0156636_21343211.jpg


がー、

個人的に、「勉強会」や「教室」って感じが好きじゃないんですよね^^
ただ、勉強が嫌いだったせいもあるかな・・・?(汗)
いつでも店頭でたずねてもらえばそのときそのときの疑問に答えますよー^^
どんな事でもOK!^^

自論。
お酒やワインの定義って、その人が美味しいって思う事がまず1番!だと思っています^^
ただ、その美味しいって思えるものを選ぶ基本のことは知ってほしいですから
店頭や週末の店奥の土間会で種類の基本定義をしゃべっています^^ (いつでも聞いてください!^^

a0156636_21363444.jpg


とみた酒店が思うに、知識っていうのは原料の見方や
そのジャンルの定義など 基本的なことを知っていれば、自然と道理がわかってきますから!

「勉強会」や「教室」になると なんだか「あーでなきゃ!」「こーなんですよね!」って
知ると同時に偏った見方が生まれてしまうし、習ってないことは「ノー」になっている方が多く
習った所、人、の情報しか聞かない人が多い現実に 本質の大事な部分が欠けている。・・・
結果、「流行追い」 と 「言わず、振りで見せる自慢」の類「通(マニア)」が出来てしまうような気がする。(悲)
興味を持ってくれることはありがたいが、実に残念・・・!

「酒は脇役、名脇役!」という自論から

お酒は食と会話の繋ぎの役^^
ラベル・ブランドで飲むんじゃなく 嗜好品なんだからまず好きか嫌いか!^^

肝心なのは店側にもあって、「売り手の都合が買い手の不都合 」に絶対ならないように もっと自由を!
売り手の商品の選び方でも様々!
特別を売りにするのか。 ブランドを売りにするのか。 当たり前の品質を売りにするのか。

いろんな意味で、自由でいいと思う^^

だから、とみた酒店では商品の素材に重点を置いて、お客さんの味覚を生かした商品を進めたい^^
良いを求めるより、悪いを省く見方のほうがシンプルでいいと思う!

「勉強会」や「教室」じゃなく いつでも聞かれたことに答える方針がイイと思うし^^
授業料のことを考えれば商品を購入したときの情報の積み重ねで楽しく知るほうが美味しいしね^^

資格や絶対的な教えって囲い込みビジネスの基本ですから。
間違いじゃないけど、俺はキライ。

嗜好品は嗜好品。
人の意見に巻かれるものではないですからね^^

何でも聞いてくれればいいんですよ、酒屋さんに^^

日本酒・ワインの会は年間数回開催してます^^
[PR]
by sake_tomita | 2014-05-07 09:00 | あ?だのこ?だの | Trackback
トラックバックURL : http://tomisun.exblog.jp/tb/19767691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 要求!^^ 連休最終日! >>