人気ブログランキング |
 
2019年 12月 01日 ( 1 )
わかりやすい話。
わかりやすい話。
日本酒造りにおいて、何が肝かと言いますと、
水の性質はもちろんの事、原料となる「酒米」の銘柄はもちろんですが、その材料となる酒米の『質(等級)』が大事な要なのです❗️
酒米の銘柄だけがすべてではないのです。
もちろん、その酒米の質を活かし酒造りを指導する「杜氏』の経験値も大事です❗️
特に原料『酒米』の見立てが❗️
そこから造りの組み立てが始まりますから👍
a0156636_09064286.jpg

よく謳われている、誰が造ったとか、販売店が限定されている銘柄などは、『限定』を題材にした、ひとつの販売方法であって、その商品自体が特別ではなく、ただ販売方法が特別なだけです。
飲食店によく並び、数量からするとかなりの数量が販売されている事実。
事実上『業務用』商材の品。
その味わいは価格に見合った素晴らしい物なのか⁇
『限定』『希少』『今だけ』には弱いですからネ。

料理も同じ、材料の質が肝心❗️
良い材料を目利き、選ぶためには、経験値が大事です!
経験を積むと当然、腕も上がります。
だから美味しい料理ができるのです❗️
朝捕れの魚が全て良いわけではなく、良いものを選ぶ目利きが必要なのです!

私は、誰もが手に取ることができる『普通酒』1升で1,700〜2,500円(税別)の、そこに良い品を注ぎ込んでいる酒造会社のお酒が好きです❣️

と言うわけで、いろいろと聞かれたことに答えながら楽しく酒屋してます😄
品物の基本は伝えなきゃ❣️





by sake_tomita | 2019-12-01 08:30 | 楽しい毎日! | Trackback